Case Study ケーススタディ

IoTデバイスデータの収集・分析ソリューション

IoTデバイスのデータ収集・分析により、生産性向上、業務支援、遠隔操作および新規ビジネスのイノベーションが可能になります。 さらに、AWSのIoT関連サービスを利用することで、わずか数クリックで利用開始ができ、前述のビジネス支援の実現を加速させることができます。 以下、IoTの代表的利用用途になります。

IoTの代表的利用用途

  • データ収集及び分析(デバイスデータの可視化・故障予測・異常検知など)
  • 遠隔制御(リモート機器制御、ファームウエア更新)
当ケースは、AWSサービスを利用し、IoTデバイスのデータ収集および分析を実現いたします。

ソリューション図

データ収集

  • AWS IoT Core

    • 大量のデバイスをAWSに安全に接続し、デバイスからのデータに基づいて、ルーティング、処理、実行が可能
    • スケーラブルな非同期型メッセージ交換モデル(Publish/Subscribe)が可能
    • デバイスをカタログ化により、グループでの一括管理が可能
    • IoT Device SDKにより、様々なデバイスをAWS IoT Coreに接続が可能

リアルタイム可視化

  • Elasticsearch Service

    リアルテイム収集したデータの分析および可視化

データ分析

  • Datalake

    Kinesis Firehose経由でS3に保存し、Athenaにより分析を実行

アプリ連携

  • Kinesis Data Steams、Lambda、DynamoDB、APIGatewaryにより、アプリとの連携を実現

セキュリティ考慮

  • TLS相互認証によるデバイス認証をサポートし、不正アクセスをブロック
  • IAM Role、IoTポリシー、デバイス証明書を利用し、認証トークンによってアクセス権限をコントロール

コスト考慮

  • Basic Ingestによるメッセージングコストを削減
  • S3のライフサイクルの設定

Huobi WTが選ばれる理由

  • プロのチーム

    当社のエンジニアの多くは、主要クラウドベンダーの認定資格を取得しています。クラウド開発に豊富な知識と経験をもったエンジニアによるサービスを展開しています。
  • 全面的なサポート

    当社は各大手ベンダーの環境構築・導入支援、既存システムのクラウド移行、VDIの構築支援、請求代行、システムの運用代行等、様々なサービスを提供しています。
  • 独自の技術力

    Huobi WTはシステムのセキュリティ強化、24時間365日モニタリング体制の運用において豊富なノウハウを有しており、ブロックチェーンベースのソリューションの開発に力を入れています。