Case Study ケーススタディ

クラウドアーキテクチャを活用したsatomoto多通貨ブロックチェーンブラウザプラットフォームの最適化

Satomotoは、多通貨のフル容量データストアの保存を実現したことで、数百万レベルのアドレスの残高照会を可能にしました。ブロックチェーンに関する情報検索、配信サービスを提供しているだけでなく、仮想通貨取引所や監査法人など、企業向けのブロックチェーン監査業務にもご利用頂けます。

課題

  • 多通貨のフル容量データ検索機能を提供するため、膨大なストレージ容量が必要な上、データの安全対策も不可欠です。
  • コストを予算内に収めながらデータの完全性や高可用性を保守します。
  • デプロイメント、リソース管理、モニタリングサービス、フォールトトレランスなどのメカニズムを自動化にすることでランニングコストを削減します。
  • アプリケーション利用者向けに操作が簡単なシステム、そして配信サービスなどを提供します。
  • 複数のアクセス制限を設けることで安全にデータを活用するだけでなく、情報漏洩や不正アクセスを徹底的に防止します。

導入前と比べ改善された点

  • コスト

    90%以上のデータをAmazon S3に移行することでストレージコストを20%までに低減させました。
  • 有効性

    Amazon RDSはホットデータの有効性を高めました。またAWS Auto Scalingを導入することで、APIサービスは想定されるトラフィック及び急増するトラフィックにも対応できるようになりました。
  • ランニングコスト

    AWS CodeBuildはCICDプロセスを自動化にし、人工的な関与を減らしました。また、AWS CloudFormationは新規通貨でも既存のアーキテクチャで速やかの対応を可能にしました。そして、Amazon CloudWatchを追加することでオンラインログファイルをリアルタイムで照会できるようにしました。さらに、警報メカニズムを設置し、異常や不調を直ちに察知し、本来の操作方法を大幅に改善しました。
  • 安全性

    アクセス最小権限を基づいた上で、操作履歴とアクセス履歴を記録し、情報セキュリティ監査がより効率的に行われました。Amazon Cognitoで既存のアカウントシステムを保ちつつ、ニーズに合わせてさらにMFAも設置しました。これより、開発コストを抑え、ユーザー管理や権限関係のセキュリティーを強化し、既存の仕組みを改良しました。

最適化ソリューション

最適化の実例

Amazon Cognitoサービスにユーザー登録と安全アクセスを任せます。

ユーザー登録、管理機能は有効性と安全性を同時に保障しないといけないため複雑な工程だと認識されています。Amazon Cognitoは迅速にユーザー登録システムを構築できます。二段階認証(MFA)とアドバンスドセキュリティ機能(Advance Security)を利用することで、登録情報の漏洩リスクを低減します。

Huobi WTが選ばれる理由

  • プロのチーム

    当社のエンジニアの多くは、主要クラウドベンダーの認定資格を取得しています。クラウド開発に豊富な知識と経験をもったエンジニアによるサービスを展開しています。
  • 全面的なサポート

    当社は各大手ベンダーの環境構築・導入支援、既存システムのクラウド移行、VDIの構築支援、請求代行、システムの運用代行等、様々なサービスを提供しています。
  • 独自の技術力

    Huobi WTはシステムのセキュリティ強化、24時間365日モニタリング体制の運用において豊富なノウハウを有しており、ブロックチェーンベースのソリューションの開発に力を入れています。